2011年03月21日

一週間。12日

会社で朝を迎えました。

長い夜になると思いましたが、思ったより早く感じました。
0時くらいまでは、ぐだぐだと仕事して、それから朝までは、ネットでテレビを見ていました。

家族との連絡・・・
主人とは、11日22時過ぎに携帯に電話がありました。
それまでメールがつながりやすいというので、メールを何度かしましたが、返信はなく、心細かったです。
家に帰ると、11日15時過ぎに留守電が入っていました。
主人も会社に泊まり、帰宅は12日18時頃でした。

実家から、メールがきました。無事に会社にいると返信しました。
弟にもメールで連絡しました。偶然その日は早退していて家にいたそうです。
停電があるということを知りました。
いとこが携帯に電話をしてきました。なぜがその時は通じました。
「どうして今話せるの〜?」って話しながら思いました。

朝になり、電車が走り始め、帰宅する人が出てきました。
歩いて行けるところまで行って、動いている電車に乗ってなんとか帰宅する作戦です。

最寄りの駅に様子を見に行ってくれた人によれば、多くの人が一夜を明かしたそうです。
暖かい会社にいて、お湯がでて、トイレを自由に使えて・・・
自分がとても恵まれていたことを知りました。

朝食のための備蓄食糧が配られました。
とてもおいしく感じられました。

徒歩で帰った人から、差し入れがありました。
手作りの明太子おにぎりです。
カップのお味噌汁、スーパーで買ってきてくれた唐揚げ、コロッケです。
「スーパーにはパンがない」って言っていました。

暖かいおにぎりはとてもおいしかったです。

駅に様子を見に行ってくれた人、外の人の流れを見て、12時前に会社を出ました。
社外に出たその解放感!
閉じ込められていた感はなかったけれど、普通ではなかったんだと思いました。

13時半、家に着きました。

家には4匹の猫が留守番をしていました。
猫だけで大地震を体験し、一晩餌がなく、トイレが汚れたまま・・・
とても心配でした。

ドアを開けて、みんなの名前を呼んでみました。
駆け寄ってくれて、とてもうれしかったです。
すぐに餌を与えトイレの世話をしました。

少し落ち着いて、横になりました。

posted by たまポン at 00:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。